こうのとりの成長

 兵庫県の「県鳥」であるコウノトリはかつて日本各地に棲息していました。豊岡市出石町桜尾にある「鶴山」では茶店も出るほど、コウノトリの見物客で賑わっていた時期もあったそうです。しかしその後の乱獲や巣を架ける木の伐採などにより棲息環境が悪化、また戦時中の食料不足の中で食用にされたこともあったり、農薬の散布などで1956年には20羽にまで減少してしまいました。
同年、コウノトリは国の特別天然記念物に指定されました。
 1965年、豊岡市で野生最後の一つがいを捕獲し、人工飼育を開始しました。

このHP管理者が高校時代、生物の教師だった山本茂信先生がコウノトリの繁殖に尽力されていて、授業中に苦労話をされていました。
 捕獲にはアメリカの軍人が来て網の両端にロケットをつけて発射し(キャノンネットと言っておられました)一度失敗した後、再度の試みで捕獲に成功した話しを聞いた記憶があります。そんなこともあり繁殖の試みには興味をもって見守っていました。
それから37年後の2002年には生育したものとあわせて飼育100羽を達成し、屋外放鳥に近づきました。
 2005年9月24日には世界初の放鳥(2〜7歳の雄2羽と雌3羽の計5羽)が行われ、34年ぶりにコウノトリが豊岡の大空に羽ばたくことになりました。

 その野生復帰したコウノトリが野外で繁殖し、2012年7月には放鳥三世第一号が日高町山本の人工巣塔から巣立ちました。
2020年6月17日現在、屋外を翔けているコウノトリは184羽(こうのとりの郷公園発表)に到達しています。
ここ山本から巣立ったこうのとりは19羽。
 遠いところで生活している個体が3羽。
2014年に生まれたオスは韓国の済州島で目撃された後、島根県の雲南市で生活しています。(2018年参照)
2013年に生まれた2羽のオスは2018年宮古島で目撃されています。


このホームページでは日高町山本の人工巣塔で生まれたコウノトリの成長の様子を年ごとにお伝えします。

 ボタンをクリックしてください ふ化日(推定)
巣立ち日  識別番号 (足環) 備     考 
 2021年        
 2020年  4月18日   7月1日   J0297(♀)右:赤黄 左:緑赤  
6月30日   J0297(♂)右:赤黄 左:緑青 2020/7/25 死亡 
2019年    6月10日   8月9日    J0267(♂)右:赤黒 左:青赤 8/15 一時収容 2020.9.30 解放 
 8月13日  J0266(♀)右:赤黒 左:青黄  
8月15日   J0268(♀)右:赤黒 左:青青  
2018年     4月10日   6月10日  J0192(♀)   右:黄赤 左:青赤  
6月14日  J0193(♂)   右:黄赤 左:青青 11/15死亡 
6月23日  J0194(♀)   7/14死亡 
 2017年   5月2日   7月1日  J0161(♂)  
7月18日  J0162(♀)  11/6死亡確認 7/18羽翼発育不良郷公園収容、9/21放鳥  
2016年  3月中旬から抱卵していましたが孵化しませんでした。
(抱卵中邪魔者のこうのとりが来て追い払うために巣を空けて卵が冷えた?
  
  2015年  4月23日   6月22日  J0109(♀) 巣立ちから1か月 百合地の電柱に激突 7/23死亡
 J0108(♂)  巣立ち翌日、鹿の防御ネットに絡まる 6/23死亡
 2014年    4月19日    6月28日    J0091(♂) 2015/2韓国済州島で確認2017年島根県雲南市
 J0092(♂) 2015年 行方不明
 J0093(♀) 2014年 行方不明
 2013年    4月15日    6月24日    J0065(♂) 2018年宮古島
 J0066(♂)  
 J0067(♂)  2014/7から鹿児島県奄美市、2018年宮古島
 2012年    5月8日    7月9日    J0053(♀)  
 J0054(♂)  
 J0055(♀)  
 こんな鳥を見たよ 豊岡で見た珍しい鳥です  ソデグロヅル・コハクチョウなど

親鳥の情報

   識別番号 生 年  足    環   備    考
オス   J0011    2008年   なし  伊豆の人工巣塔育ち 
 メス   J0399   2005年   右:青・黒  こうのとり郷公園育ち
 左:黒・緑・緑  2007年山本で放鳥

Counter


問い合わせ:ttakeda36@yahoo.co.jp